日帰りスキーツアーで気をつけた方がいいのは、「キャンセル料」です。ツアー代が安い代わりに、キャンセル料が高く設定されています。キャンセルして50%も料金を取られたら、なんのために予約したのかわからなくなってしまいます。また、予約をした後に宿泊先や日程を変える場合に、「変更手数料」がかかるところもあります。

キャンセル料が最も高くなるのは「当日キャンセル」で、支払った旅行代金が返金されないところもあります。一週間前ぐらいのキャンセルであれば、「旅行代金の30%」程度なものでしょう。変更手数料がかかる場合でも、キャンセル料よりは安くすみますから、予約を変更した方がよいのではないでしょうか。

早めに連絡を入れれば、それだけキャンセル料金の支払いが少なくすみます。いろんな事情でキャンセルせざるをえないこともありますが、旅行に参加できない人が出た時点ですみやかに旅行会社に連絡を入れましょう。

申し込んだときには、キャンセルのことまで想像が及ばないでしょうけど、自分はキャンセルしなくても、同行する家族やほかのメンバーが行けなくなることもあります。なお、キャンセル代に関する項目は小さな文字で記載されていることが多いため、契約書は隅々まで読んでおくようにしましょう。